出っ歯(上顎前突)の治療例 | 歯並び治療例 | 矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 出っ歯(上顎前突)の治療例

出っ歯(上顎前突)の治療例

Case1

上下顎骨の狭窄を伴う上顎前突症
年齢・性別
7歳 女性
治療期間
5年5ヶ月(マルチブラケット治療期間は
2年5ヶ月)
使用装置
上顎急速拡大装置、ヘッドギア、
マルチブラケット、マルチブラケット
主訴
永久歯が萌える場所が足りない(八重歯になるのでは?)
口腔内所見
上下顎骨は著しく狭小で歯牙サイズが大きく、右側の側方歯は交叉咬合(右の横の歯から奥歯にかけて反対咬合)になっており、上顎左右犬歯、左下犬歯の萌出スペースが完全に不足していました。上下大臼歯関係はアングルII級(奥歯の噛み合わせがずれていて出っ歯の状態)でした。
診断
上下顎骨の狭窄を伴う上顎前突症

治療計画

上顎急速拡大装置で上顎を側方拡大し、右側の交叉咬合を改善、側方歯萌出スペースの確保を図ります。その後ヘッドギアにて大臼歯関係の改善と上下顎骨の成長コントロールを図り、側方歯交換終了後に大臼歯関係、スペース、口元の突出感を再診断し上下小臼歯抜歯の必要性を検討します。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

本症例は骨格性上顎前突+下顎後退の状態で、上顎の成長抑制と下顎の成長促進を期待しハイプルヘッドギアの装着を指示しました。ヘッドギアの協力により大臼歯関係はアングルII級(奥歯の噛み合わせがずれていて出っ歯の状態)からI級(正常)に改善し、再診断で上下第一小臼歯抜歯を決定しました。治療後もやや下顎の後退感は残りましたが、上下前歯の後退と臼歯関係の改善、口元の改善を達成でき、ご本人の満足を得ることができました。

Case2

骨格性上顎前突症、アングルII級上顎歯槽前
年齢・性別
11歳 男性
治療期間
3年
使用装置
ヘッドギア、マルチブラケット、パラタルバー
主訴
ひどい出っ歯
口腔内所見
上顎歯列がV字型歯列で前歯が著しく前突していました。上下大臼歯関係はアングルII級(6.5mm出っ歯の噛み合わせ)。
診断
骨格性上顎前突症、アングルII級上顎歯槽前突

治療計画

骨格性上顎前突に対してハイプルヘッドギアで上顎大臼歯の遠心移動と上顎前方成長抑制、下顎の成長促進を図ります(顎骨の成長コントロール)。著しい上顎前歯前突に対して、上下小臼歯抜歯を行い前歯の後退を図ります。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

概して成長期の男の子は不正咬合に関しての意識が希薄でモチベーションが低いことが多いのですが、この患者さんは初診時年齢11歳の男の子でしたが、出っ歯のコンプレックスが強く自分で矯正治療をやりたい!!と来院されました。治療期間を通してモチベーションを高く持続され、ヘッドギアや顎間ゴムの装着をしっかり頑張ってくれたため、顎骨の成長コントロール、大臼歯関係の改善、前歯の後退などすべてにおいて完璧な仕上がりとなりました。今でも成長期の男の子に初診相談を行う場合に例示させてもらっているケースになります。