八重歯の治療例 | 歯並び治療例 | 矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 八重歯の治療例

八重歯の治療例

Case1

アングルI級叢生症例
年齢・性別
17歳 男性
治療期間
2年2ヶ月
使用装置
マルチブラケット、パラタルバー
主訴
八重歯が気になる
口腔内所見
上顎右の犬歯(糸切り歯)が歯列からはみ出し八重歯になっており、右上側切歯(2番目の前歯)が内側に転位し、反対咬合(上の前歯よりも下の前歯が外側に出ている噛み合わせ)になっていました。下顎の前歯に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、上下大臼歯関係はアングルI級(正常)でした。上下顎骨は狭く、上下顎歯列とも著しく狭窄されていました。上顎歯列正中は右へ約5mmずれていました。
診断
アングルI級叢生症例

治療計画

マルチブラケットを用いて上下第一小臼歯抜歯にてスペースを利用し叢生を改善し、臼歯関係を維持しながら良好な歯列・噛み合わせを獲得します。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

上下の顎骨とも小さく、叢生を解消できるだけの歯列拡大は期待できないことから、上下第一小臼歯を抜歯、抜歯スペースを利用して八重歯になっていた右上犬歯を歯列内に配列、内側に転位していた右上側切歯を配列、下顎前歯の叢生も改善しました。歯列・噛み合わせともに良好で上下正中線も一致させることができました。