過蓋咬合の治療例 | 歯並び治療例 | 矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 過蓋咬合の治療例

過蓋咬合の治療例

Case1

著しい叢生(ガタガタの歯並び)と過蓋咬合を(通常よりも歯の噛み合わせが深い)伴う骨格性下顎後退症。
年齢・性別
13歳 女性
治療期間
3年7ヶ月
使用装置
マルチブラケット、インプラントアンカー、
パラタルバー、リップバンパー、
リンガルアーチ
主訴
歯並びのガタガタを治したい
口腔内所見
上顎の左右犬歯(糸切り歯)が完全に歯列からはみ出して八重歯になっていました。下顎の前歯も舌側に倒れ叢生(歯並びのガタガタ)が著しく、上顎の前歯が下顎の前歯を完全に覆って噛み合わせが著しく深い状態でした。上下第二大臼歯(12歳臼歯)が萌出し始めていましたが、顎骨が狭小でスペースが不足していて半埋伏が予想されます。
診断
著しい叢生(ガタガタの歯並び)と過蓋咬合を(通常よりも歯の噛み合わせが深い)伴う骨格性下顎後退症。

治療計画

骨格性下顎後退症で大臼歯関係がアングルII級(奥歯の噛み合わせがずれている状態)で約6mmずれていて、叢生量が著しく大きいケースであることから、上顎左右第一小臼歯を抜歯、下顎は歯列拡大にて非抜歯で排列します。過蓋咬合に対しては上下前歯を圧下(歯を歯肉方向に移動させる)させ、適切な被蓋関係を構築します。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

著しい叢生と過蓋咬合症例で、小臼歯抜歯スペースの有効利用と歯列拡大、前歯の垂直的コントロールが非常に難しいケースでしたが、治療目標通り良好な結果へ導くことができました。また口元の突出感も改善されご本人にもとても喜んでいただけました。