すきっ歯(空隙歯列)の治療例 | 歯並び治療例 | 矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > すきっ歯(空隙歯列)の治療例

すきっ歯(空隙歯列)の治療例

※歯並びや骨格は一人ひとり違うため治療結果には個人差があります。あくまで参考としてご覧ください。

Case1

下顎の空隙歯列を伴う骨格性下顎前突症
年齢・性別
15歳 女性
治療期間
4年1ヶ月
(マルチブラケット治療期間は2年5ヶ月)
使用装置
マルチブラケット
主訴
下の前歯のすきっ歯を治したい、下顎が出ているのが気になる
口腔内所見
下顎小臼歯部から前歯部にかけて空隙があり、上下前歯は切端咬合(下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせ、受け口)で、上下左右小臼歯部、前歯部は開咬(奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わずに開いている)でした。舌がやや大きい印象で低位に位置し、嚥下時や発音時に上下歯間より突出してくる状態で、上下大臼歯関係は軽度のアングルIII級でした。(奥歯の噛み合わせの下の歯がずれている)
診断
下顎の空隙歯列を伴う骨格性下顎前突症

治療計画

舌の低位、突出癖により下顎歯列に空隙を認めることから、舌の機能訓練(MFT)を徹底しました。患者さんご本人が下顎の突出、オトガイ部(下唇の下方)の形にコンプレックスを強く持っておられることから、外科矯正を併用することとしました。下顎骨を後退させるため、術前矯正で上顎左右第一小臼歯抜歯を行い、上顎前歯を後退させ術前矯正で一時的に反対咬合(上の前歯よりも下の前歯が外側に出ている噛み合わせ)にし、術前矯正終了後下顎骨の後退量を決定し、顎離断手術を行いました。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

すきっ歯になる原因として顎骨と歯の大きさの不調和、舌位不正や舌突出癖が挙げられます。本症例では外科手術で下顎を後退させることから、舌の機能改善を怠ると後戻りが起こりやすく、そのため患者さんのモチベーションを高めることを重要視しました。外科手術後の舌の機能訓練に少し時間がかかりましたが、すきっ歯の改善と外科矯正により顔貌の改善を達成できご本人、ご家族とも大変満足していただける結果となりました。

Case2

上顎左右側方歯の矮小を伴う上顎正中離開
年齢・性別
15歳 女性
治療期間
2年4ヶ月
使用装置
マルチブラケット
主訴
上の前歯のすきまと歪みが気になる
口腔内所見
上顎左右中切歯(上顎歯列で正中線の両側に並ぶ歯)が捻転し、正中部が離開していました。上顎左右側切歯が矮小歯(歯が小さい)で、左側が反対咬合(上の前歯よりも下の前歯が外側に出ている噛み合わせ)の状態でした。上唇小帯(上唇の裏のスジ)は太く歯肉にきつく付着していました。(上唇小帯付着異常)
診断
上顎左右側方歯の矮小を伴う上顎正中離開

治療計画

上唇小帯切除しマルチブラケットにて捻転の改善、スペース閉鎖を図ります。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

症例のように小帯の付着異常が原因で空隙歯列(すきっ歯)や歯の捻転を呈するケースをよく見かけます。小帯付着異常をそのままにして矯正治療を進めてもすきっ歯が治らなかったり、矯正治療後の後戻りを引き起こす場合もあります。また側切歯が矮小歯の場合、歯牙サイズのアンバランスにより上下の噛み合わせがうまく治せないことがあり、補綴治療にて歯牙形態の回復を要することがあります。このケースでは側切歯は補綴せずに元の形態のままスペースを閉鎖し、噛み合わせを安定させることができました。ご本人は審美的に気にならないとのことで、満足いただいています。