口腔筋機能療法 MFTって?|治療メニュー|矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 治療メニュー > 口腔筋機能療法 MFTって?

口腔筋機能療法 MFTって?

悪習癖が及ぼす歯並びへの影響

歯並びが悪くなる原因は先天性(遺伝)のものと後天性のものに分かれますが、ほとんどが舌癖(ぜつへき)などの悪習癖による後天性のものだということをご存知でしょうか?つまり歯並びの良し悪しというのは、日常生活の影響を非常に受けているといえます。歯列矯正治療終了後にも同じことが言えるのですが、歯並びが悪くなった原因そのものを絶つことが非常に重要になってきます。これを原因除去治療といいます。

舌癖って?

普段なにげなく口を開けると上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込むときに舌で歯を押すような動きなどを舌癖といいます。舌癖があると歯並びや発音(サ行・タ行など)に大きな影響がでてきます。舌癖の原因は色々あります。

  • 軟らかいものばかり食べる(軟食)
  • 口をポカンと開けている
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり

舌癖があると、ガタガタ・すきっ歯・出っ歯・あるいは受け口といった不正咬合を引き起こします。また矯正治療をしても歯がうまく移動しなかったり、治療後の後戻りの原因になります。

口腔筋機能療法 MFTについて

そのような状態を改善するためのトレーニングが、口腔筋機能療法=「口の周りの筋肉の機能を改善する訓練法」で、MFTと言われます。
わかりやすく言うと正しい舌の位置や嚥下(飲み込み方)、唇のストレッチなどを練習することです。特に正しい舌の位置を覚えることは、舌癖をなくすための最も重要なトレーニングです。

舌癖があるかどうかは、日常生活の中ではまず気付くことはないでしょう。しかしながら歯列矯正治療を受ける患者さんの多くは、舌癖が見受けられることが多いため不正咬合を自覚されている方は専門家に相談することが重要です。