外科矯正|治療メニュー|矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 治療メニュー > 外科矯正

外科矯正

過度な出っ歯・受け口・開咬などの顎変形症は通常の矯正治療では十分な治療結果が期待できない場合、外科的矯正治療によって治します。本格的な手術が必要となりますが大きな治療効果が期待できます。
※保険適用可

手術の方法は患者さんの症状や、手術をする病院・医師の方針によって異なります。

外科矯正の治療の流れ

相談~診断
外科矯正が必要か判断します。
術前矯正(当院にて)
症状によりますが矯正治療を1年ほど行います。
入院・手術(大学病院の口腔外科など)
全身麻酔を使用して手術を行います。2週間ほど入院する必要があります。
術後矯正(当院にて)
経過によりますが矯正治療を1年ほど行います。
保定期間
歯並や噛み合わせが安定するように経過観察します。

外科矯正の費用 健康保険が適用される条件

顎変形症における外科矯正は認可された医療機関で治療を受けた場合に保険適用されます。この場合の医療機関とは顎口腔機能診断料算定の指定医療機関をいいます。
当院では六地蔵診療所が顎口腔機能診断料算定の指定医療機関のため保険適用されます。外科矯正が適用されるかどうかは、電話やメールのやり取りではわかりかねるため必ずご来院いただくようお願いします。

外科矯正の治療例

21歳男性 受け口(下顎前突症)を主訴に来院
外科手術併用で矯正治療しました。治療期間は3年です。
使用した装置…マルチブラケット

側面
目から下の横顔
側面
目から下の横顔