子供の矯正|治療メニュー|矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 治療メニュー > 子供の矯正

子供の矯正

美しい歯並び、正しい噛み合わせをつくるために、早期から発育を見守ることが大切です。
私たちも子を持つ親ですので、常に「自分の子であればこうする」と考え、治療を始める時期や治療法などを、適切にアドバイスさせて頂きます。

噛み合わせの異常は噛む機能がうまく働かないだけでなく、顔や体などのゆがみの原因になり、それがコンプレックスになり大切な成長期に性格など心理面に大きな影響が出る場合があります。

治療を開始する時期、お子様の噛み合わせの状態を歯科医師に相談し効率的に歯並びを改善する事をお勧めします。

子供の矯正

小児歯科矯正のメリット

動きやすく、痛みも少なくすむ
幼少期の矯正治療は成長を促しながら矯正治療を行えるので、歯が動きやすく痛みも少ない傾向にあります。
抜歯の可能性が低い
お子様の顎の成長に合わせて歯の並ぶスペースを作るので、抜歯を行う確率が低くなります。
後戻りのリスクが軽減
小児矯正治療では顎の骨の成長に合わせて無理なく歯を正常な位置に動かしていくので、矯正治療後の後戻りのリスクが軽減されます。また後戻りの原因の一つである悪習癖は、癖の早期改善指導でも後戻りのリスクを軽減します。
歯や顎への負担軽減
小児矯正治療を早い時期に行う事で、歯の生え変わり時期の悪い噛み合わせが原因で起こる歯のすり減りや顎関節への負担を軽くする事ができます。
コンプレックスを解消
噛む機能だけでなく顔や体などのゆがみが原因のいじめを未然に防ぐ事ができ、お子様には歯のコンプレックスを無くし健全な精神が発達する環境を整えてあげることが大切です。

小児歯科矯正のデメリット

治療期間が長くなる
小児矯正の場合成長に合わせて治療を進めていく為、成長が止まる15歳前後まで経過を観察します。そのため治療期間は長くなります。
再度、大人になってから矯正治療が必要になることがある
骨格的な問題のある受け口などは、外科矯正が必要となる場合があります。
対する意欲次第で、治療結果に差が出る
小児矯正の場合取り外し可能な装置を使用します。患者さん本人が治療に協力的でない場合には治療結果に差が出る場合があります。
虫歯になりやすい
矯正中は装置に食べ物カスが残り、歯磨きでの磨き残しが出る事が多くあります。歯科医院で正しいブラッシングを教えてもらいケアをしっかりとする事が大切です。