マウスピース型矯正装置について

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

マウスピース型矯正装置はいわゆる金属の付いた矯正装置を使用せず、透明のマウスピースを使用して矯正治療をしていきます。透明なので見た目には矯正している事が気付かれにくいのが特徴です。

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療の流れ

  • 1

    1

    患者さんの歯型を採り、その歯型をもとに透明のマウスピースを作成する依頼を出します。

  • 2

    2

    決定した治療ゴールに合わせて段階ごとにマウスピースが作成され装置が届きます。(患者さんに合わせた完全オーダーメイドの装置です)

  • 3

    3

    後日来院し装置を持ち帰り、できるだけ長い時間装置を入れます。(マウスピースの型にそって少しずつ歯が移動するため、長時間いれることで歯が理想の位置に動きやすくなります)

  • 4

    4

    歯の動きに合わせて来院し(3~4週間)、マウスピースを交換することで歯を少しずつ動かしていき最終ゴールまで繰り返します。

マウスピース型矯正装置のメリット

  • 1目立たず、審美性に優れている
  • 2金属を使用しないため金属アレルギーの方でも行うことができる
  • 3矯正装置装着によるストレスに比べて、不快感やストレスがほとんどない
  • 4来院時、新しいマウスピースをお渡しするだけなので治療時間が短い
  • 5取り外しが可能
  • 6取り外し装置のため、歯みがきを従来通りすることができる

マウスピース型矯正装置のデメリット

  • 1比較的安易な症例にしか使用できない
  • 2装着時間が短いと歯が動かず治療期間が延びる場合があるので自己管理が必要。

※ケースによりマウスピース型の矯正装置が向かない場合もありますので詳しくはご相談ください