裏側・舌側矯正について

裏側舌側矯正

裏側舌側矯正

矯正装置を歯の裏側に装着する事で他人から矯正している事を気付かれません。見た目には装置が装着されている事がわからないので、治療期間中の心理的なストレスが大幅に軽減されます。裏側矯正は高度な技術と時間が必要になり、治療費も高額になってしまうため見えにくい下の歯には表側に透明のセラミック装置をつける方も多くいらっしゃいます。(ハーフリンガル)

裏側舌側矯正のメリット

  • 1装置が他人から見えない
    矯正治療をしている事を気付かれないので精神的なストレスが軽減されます。
  • 2歯へのダメージが少なく、虫歯にもなりにくい
    表側に比べ歯の裏側のエナメル質は厚く丈夫で、接着剤などの装着による歯へのダメージが軽減されます。また歯の裏側は表側に比べ唾液が常に循環しているので、唾液の自浄作用・殺菌作用によって虫歯になりにくくなります。
  • 3出っ歯を効率的に治療できる
    矯正装置の構造上固定源となる奥歯が動きにくくなるため、前歯をきちんと後方に移動させることができ、出っ歯を効率的に治療できます。
  • 4舌癖防止で、矯正後の後戻りのリスク軽減
    歯の裏側に装置が付くことで舌が直接装置に当たり、舌癖を改善することができ矯正後の後戻りのリスクを軽減します。
  • 5ホワイトニングが可能
    矯正治療をしながら歯の表側をホワイトニングすることができます。

裏側舌側矯正のデメリット

  • 1口の中・舌に違和感があり食事がしにくい
    矯正装置が舌に触れることで違和感があり、慣れるまでは食べにくさを感じる事があります。表側の治療に比べて舌に口内炎が出来やすくなります。
  • 2歯磨きが難しくなる
    歯の内側や装置を見ることができないため、歯磨きが難しくなります。磨き残しが無いように鏡を見ながら注意して、丁寧に磨いてください。
  • 3発音しにくくなる
    矯正装置装着により一時的に話しづらかったり、サ行・タ行・ラ行などは息が抜けて発音しづらくなります。慣れてくれば問題なく通常通りに発音ができるようになります。
  • 4表側に比べて治療費が高い
    裏側矯正は表側矯正に比べて高度な技術が必要となることに加え、装置がすべてオーダーメイドになるため表側に比べて治療費が約1.5倍高くなります。

※記載の矯正装置は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。