悪習癖について|矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 悪習癖について

悪習癖について

悪い歯並びの原因

悪い歯並び(不正咬合の原因)は大きく2つに分けられます。
一つは遺伝による先天的な要因で、歯の数や大きさ・顎の大きさや形・顔の輪郭など親の影響を受けます。先天的な要因の場合の予防は難しく、必要があれば矯正治療を受けなければなりません。もう一つは後天的な要因で、生まれた後の環境によって作られるものです。歯は唇や舌からいつも圧力を受けているため、指しゃぶりや舌癖などの悪習癖は歯並びに大きな影響を与えてしまうのです。正しい知識を持つことで、不正咬合を予防することができます。

指しゃぶり

生後間もない時期の指しゃぶりは生理的な状態であると言われていますが、日常的に歯を押すために開咬となったり、頬で強く吸うため歯列が狭くなり前歯が突出して出っ歯になってしまうこともあります。指しゃぶりは、2~3才にはやめるようにしましょう。

舌の癖

舌癖があるといつも舌で前歯を触っていたり、低い位置にあります。飲み込む時に前歯を強く押すために、前歯が噛み合わない「開咬」という状態になります。また、サ行・タ行などが舌足らずな発音になる事もあります。いつも口をポカンと開けていると唇や口の周りの筋肉のバランスも悪くなり、顎の発育にも大きく影響してしまうのです。たとえ歯並びを歯科矯正治療で治しても、この癖が残っているために開咬が再発することもあるため、この場合癖を改善するトレーニングを行います。

MFT(口膣筋機能治療)ページへ

口呼吸

口呼吸をする理由は3つあります。ひとつは鼻疾患などで鼻呼吸ができないため口呼吸をしている場合、2つ目は癖で口呼吸を行ってしまっている場合、もうひとつは鼻疾患が治った後もすでに飛び出している歯が邪魔で口が閉じられない場合です。
まず鼻づまりなどの鼻疾患などの原因がある場合は、その原因を取り除くために耳鼻科などに通いましょう。次に癖で口が閉じられなくなっている場合は、口のまわりの筋肉(口輪筋)を鍛える必要があります。いずれの方法にしてもMFTを行い口呼吸を直すことが大切です。

頬杖

頬杖を続けていると噛み合わせが深くなったり、顎の成長に支障をきたしたり、噛み合わせがずれることがあります。ほとんどの場合が無意識でしていることが多いので、お子様の場合は自覚させてやめるように促しましょう。5~6歳以降に現れやすいといわれています。

癖や習慣だけが主な原因の場合は家族で一緒に取り組み、お子様の努力に対してたくさん誉めてあげたり、励ましたりして改善させてあげて下さい。改善方法にお悩みの方は一度相談下さい。