開咬の治療例 | 歯並び治療例 | 矯正歯科 京都|歯列矯正専門医かながわ矯正歯科です
HOME > 開咬の治療例

開咬の治療例

Case1

舌突出癖を伴う骨格性開咬
年齢・性別
29歳 女性
治療期間
2年8ヵ月
使用装置
マルチブラケット、パラタルバー、
インプラントアンカー
主訴
上下の前歯が咬み合わないことを気にされて来院
口腔内所見
上下の歯が奥歯のみしか噛み合っておらず、前歯部は開咬(上下の歯が噛み合わない状態)でした。嚥下時・発音時・安静時に上下の前歯の隙間から舌を突出させる癖がありました。奥歯はかなり磨り減っている状態です。
診断
舌突出癖を伴う骨格性開咬

治療計画

マルチブラケット装置にて上下歯列を小臼歯非抜歯で配列し、矯正用インプラントアンカーを用いて上下大臼歯の圧下(歯を歯肉方向に埋め込ませる動き)を図ります。下顎を反時計回り(口が閉じる方向)に回転させることにより、前歯部の咬合接触を獲得します。舌の癖に対しては口腔筋機能訓練(MFT)とスマイルトレーニングを徹底し、機能的・審美的回復を図ります。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

歯並びは綺麗になり、噛み合わせは前歯から奥歯までしっかり咬合接触させることができました。患者さん自身のモチベーションが高く、初診相談の時点で舌の癖を指摘されたのがショックだったようで、MFTには特に力を入れてもらえました。口元はしっかり上下口唇が閉じれるようになり、口角も上がり、結果には満足いただけたようです。自分のような舌の癖に気付かず不正咬合になっている人達のために、自分の症例をどんどん使ってください!とのお言葉までいただけました。

Case2

上顎歯列狭窄、舌突出癖、開咬を伴う骨格性下顎前突症開咬を伴う骨格性下顎前突症
年齢・性別
10歳 女性
治療期間
2年4ヶ月
使用装置
顎急速拡大装置、タングクリブ(舌突出防止
装置)、マルチブラケット
主訴
上下の歯が噛み合っていない、受け口
口腔内所見
上下の歯が奥歯しか当たっておらず開咬状態で、上顎の歯並びが著しく狭く前歯部に叢生(歯並びがガタガタ)があり、奥歯が交叉咬合(顎が左右いずれかへずれている噛み合わせ)でした。下顎歯列の正中(顔の真ん中を通る線)が約3mm右に偏位していました。
診断
上顎歯列狭窄、舌突出癖、開咬を伴う骨格性下顎前突症開咬を伴う骨格性下顎前突症

治療計画

上顎歯列狭窄に対して10歳という年齢から骨格的な側方拡大が可能であることから、上顎急速拡大装置を用いて約10mm歯列拡大、舌位不正に対しては口腔筋機能訓練(MFT)、発音トレーニングの徹底を行い舌癖の改善を図ります。舌位不正の改善度を再評価しタングクリブ(舌突出防止装置)の装着も検討します。開咬、歯列不正に対しては第二大臼歯の萌出度合いを確認し、マルチブラケット装置にて改善を図ります。

上顎・正面・下顎
上顎・正面・下顎
側面
側面
治療前・治療後横顔
治療前・治療後横顔
治療結果

治療計画に沿って治療を進めた結果、上顎歯列は拡大され前歯から奥歯まできっちり咬合接触し、良好な咬合関係が確立されました。口元のゆるみも改善され、リラックス状態でしっかり口唇閉鎖ができるようになりました。この患者さんは小学生から治療を開始しましたが、中学になり吹奏楽部でクラリネットをやり始めたこと、また思春期特有の反抗期も重なり、歯磨き不良や度重なる装置の脱離、MFTへの非協力などスタッフ一同でかなり苦労しましたが、何とか医院一丸となって目標を達成できたケースです。