大人の矯正について

大人の矯正

大人の矯正

近年、矯正治療は透明の目立ちにくい装置(クリア・セラミックブラケット)の登場により治療している事が周りに気付かれにくくなってきました。反対に、矯正をしていることで自己投資ができる人だという認識に変わりつつあります。歯並び・噛み合わせを改善するとコンプレックスが解消され素敵な笑顔を手に入れる事ができ自信にも繋がります。また、虫歯や歯周病の予防にも大きく関係しています。

大人の矯正治療の目的

  • 1口元、歯並び・噛み合わせの改善
  • 2虫歯や歯周病のリスクを軽減
  • 3顎関節症の予防

大人の矯正のメリット

  • 1コンプレックスを解消
    人に与える表情や口元の印象は重要で、口元や歯並びが整うことによって好印象を与えることができ社交的になる方もいます。
  • 2肩こりや頭痛の緩和
    悪い噛み合わせは身体のバランスを崩し肩こりや腰痛などを引き起こすことがあり、矯正治療を行うことでそれらが緩和されることがあります。
  • 3治療に対する理解が得られやすい
    矯正治療を希望されるのがご本人(子供の矯正の場合は親御さんのご希望によることが多い)のため、治療に対する理解や協力が比較的得られやすくスムーズに治療が進められます。
  • 4清掃がしやすくなる
    歯並びが悪いと歯みがきが難しい為、虫歯や歯肉炎・歯周病にかかりやすくなりますが歯並びを改善することで清掃しやすくなりそれらのリスクを軽減することができます。

大人の矯正のデメリット

  • 1治療費が高くなる
    通常よりも目立ちにくい審美性に優れた矯正装置(セラミックブラケット・リンガルブラケット)を希望される場合が多いため、治療費が高くなります。
  • 2外科手術を伴う場合もある
    成長発育を利用して歯を動かしたりや骨格の成長方向を誘導して調節するという選択ができないので、歯を抜いて矯正したり、骨格のズレが大きい場合には顎の骨を切る手術併用の矯正になることもあります。
  • 3お口や歯への影響
    矯正器具がついていることで口内炎を引き起こしたり、清掃不良からくる虫歯や歯肉炎、歯周病への影響が考えられます。
  • 4患者様の矯正治療に対する協力
    矯正治療を円滑に進めるためには患者様の協力が必ず必要です。来院や治療内容にご協力いただけないことが続くと治療がうまく進まないことがあります。

※記載の矯正装置は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。